オーストラリア

オーストラリアでのワーホリで、ファームの仕事って何するの?仕事の実際は?

こんにちは!

突然ですが、オーストラリアでファームするってよく聞くけど、

ファームってどんな仕事をするんだろう?

実際のところどんな感じなの?と思いませんか。

今日はオーストラリアでのファームのお仕事についてお話していきたいと思います。

ワーホリのセカンドビザを考えていたり、お金を稼ぎたいと考えている人は必見ですよ♪

オーストラリアでファームをしてみよう

私たちは普段、スーパーで売っている食べ物を買って何気なく食べていますが、そこに来るまでにどんな工程を踏んでいるのか考えたことはありますか?

ファームではその過程の中で働いていきます。

ワーホリビザを使っている20代前後の人たちにとって、ファームで働く経験って日本じゃなかなか出来ないと思うんです。

人生に一度の経験になると思いますし、ぜひトライしてみてほしいです!

ファームでの仕事内容は?

仕事は、私の周りはピッキングがとても多いです。

ピッキングとは、レタス、たまねぎ、いちご、バナナ、チェリー等々、実になっている果物や野菜を刈ったり、摘んだりすることをいいます。

男女によって仕事内容が異なることもあります。

仕事は単純作業なので難しくはありません。みんなで黙々とやっていくかんじですね。

ファームでは実際どんな生活を送ってるの?

まず、田舎に行きます。都会から1時間ほどかけたところにあるというのも聞いたことはありますが、基本的にど田舎です。笑

そしてファームに行ったら家を提供してくれる所が多いのですが、ドミトリーでの生活が多いですね。いいところは普通に2人部屋だったりもありますが、大体そのファームで働いている仲間たちと共同生活を送ります。

その仲間たちは大体セカンドビザを取得したい人達なので、インターナショナルです。私の友達は台湾人が多いと言っていましたが。。

そして朝が早い!友達は、2時、3時に起きると言っていました。朝じゃないだろと思いましたが。。笑 それでも4時5時は普通ですね。

ファームで注意してほしいこと

気をつけてほしいことというか、知っておいてほしいことが3つあります。

1つ目は、女性は特に気にすると思うのですが、非常に日焼けします

一日中外にいる+オーストラリアの紫外線は日本の4倍なんです。それに、真夏の時期が一番収穫の時期で仕事が多いので、恐ろしいです。

2つ目は、重労働だということです。

ピッキングの内容にもよるのですが、

例えばバナナピッキングだと、男性は木に登ります。笑

先程もお伝えしましたが常に外にいることと、野菜や果物をとることが仕事なので必然的にそうなってしまいますね。

3つ目語学力です。働いていると喋らないので、語学力が下がりやすいです。

また、周りもインターナショナルの人が多く、セカンドを取りにくる人ばかりなので堪能でないことが多いです。

なので、語学力を維持するために積極的に喋ってほしいです!!

セカンドビザ・サードビザ取得には必須

ちょいちょい話していたセカンドビザ、さらにサードビザについてです!笑

3ヶ月ファームで働けば、セカンドビザが申請できます。

つまり2年目もオーストラリアにいられるというわけですね!

 

また、2019年7月に新しく出来る、サードビザ、3年目ですね!!

これは6ヶ月、つまに半年働けばサードビザも取得出来るということです。

 

ただ注意してほしいのは、

セカンドビザのファーム期間とサードビザのファーム期間は一緒には出来ないということです。

つまり、サードビザを取得したければ、セカンドビザ中に新たにファームに行かなければなりません。

ここは覚えておいてくださいね♪

さいごに

いかがでしたか?

ファームのイメージは湧きましたでしょうか?

とてもいい経験になると思うので、トライしてみるのもいいですね!