オーストラリア

ワーホリ必見!オーストラリアの語学学校を選ぶポイントは?

こんにちは!

ワーホリでオーストラリアに滞在する方は、

語学学校には行かずにすぐ働く、という方もいれば、

着いたら最初は語学力アップのために語学学校に通う と考えている人も多いですよね。

そこで今回は語学学校の選び方、ポイントをご紹介していきたいと思います!

学校を考えている方は絶対参考にしてほしい内容です!

語学学校はオーストラリアに着いてから決める!

このパターンとっっっっても多いと思うんですけど、

日本のエージェントを通して紹介してもらって、日本で学校決めてから渡豪しようと考えていませんか?

いや、実際私もこっちでした。笑

だって着いて何もないって不安でしたもん。ですがこれ、オススメしません。体験者が断言します。笑

そもそも調べ方って日本にいてもネットを使うし、オーストラリアに来ても結局ネットなんですよ。まあ日本では留学生説明会みたいなのもありますが、そこはそこまで。

どこいても調べ方は一緒だし、語学学校って入学日は毎週月曜日だし、毎週毎週入学生が入るので、急に入学したいって言って断られることなんてないんですよ。

情報量は日本のエージェント<現地のエージェント

渡豪前にお世話になるエージェントは日本のエージェントだと思うんですが、日本のエージェントって当然日本にいますよね?

やっぱりオーストラリア内にいないってことは情報に限界があって、実際の雰囲気等は詳しく分からないのが現状なんですよ。

反対に現地のエージェント学校にも足を運ぶし、学校の人も来るし、他の生徒さんがオフィスに来て本音を教えてくれたり、業界が狭いので色んな噂など入ってくるんです。

学校を自分の目で見る!

写真で見るのと、実際見るのではやっぱり違います!

校舎の雰囲気とか生徒やスタッフの雰囲気など、実際に感じてみてください。

もはやエージェントを通さなくても検索すれば学校は沢山出てきますし、直接自分でアポをとるのは手間がなく早いです。

見学行きたいけど予め連絡を取る際、言葉が壁になる、、と思うかもしれませんが、

大体日本人スタッフいます。笑 それに、そもそもその言葉を学ぶ場なのでスタッフはしっかり対応してくれますし、生徒の扱いにとても慣れてます。

もはや学校の見学はいつでも行って大丈夫ですよ。

学校の特徴を見て決める!

学校には当然ですがその学校の特徴があります。

エージェントで申し込むなり、個人で申し込むなり、自分が気になるところは妥協せず必ず確認しましょう!

その中でも代表的なものいくつかご紹介していきますね!

日本人の割合

これとっても大事です!

日本人が多いとやっぱり居心地も良いですし、わかっていてもついつい日本語で話してしまいますよね。そして気付いたら英語が全然上達していない、、、ってよくあるあるです。

でもこれは多分日本人が周りにいる限り、相当努力しないとどんなに頑張っても難しいです。

日本人が多いところが嫌なのに運悪くその学校を選んでしまった日本人の子は、あまり日本人と仲良くならないようにしていたり、同じ国籍なのに変な感じになってしまうということはありました。

必ずチェックしていくべき項目ですね。

英語オンリーの学校

上記のように、例え日本人が多くても、学校の規則で校舎に入ったら言葉は英語のみという学校もいくつかあります。そういうところだと、日本人同士でも仲良くしやすいですよね!

こういうところはスピーキング力も伸びやすい傾向にありますね。

ただ、ほんとに英語が苦手な人や、でなくても、ストレスフルになりやすいというデメリットはあります。

インターンシップ付きのコースがある

またある学校でインターンが語学学校のコースに含まれているところもあります。

内容は様々で、学校によっても異なりますが、

有給のホテルインターンや無給のビジネスインターン、チャイルドケアやバリスタなどなど、、

これを売りにしているところもありますね。

さいごに

いかがでしたか?

語学学校を選ぶときは本当に色々下調べをして妥協せず、情報を集めることが大切です。

ワーホリの期間中最高4ヶ月はいる場ですからね。(逆に言うと4ヶ月しかいられません!)

ぜひ参考にしてください!